農協紹介

 農協法が昭和22年11月に公布されたことから、佐呂問町には三農協(佐呂間農協・若佐農協・上佐呂間農協)が、それぞれ設立されましたが、昭和29年9月には若佐農協と上佐呂間農協が合併して、若佐農協として発足し、その後農業も目ざましい近代化が進み規模拡大、機械化が進む中で、農家経済の安定と農協運営の健全化を目指し、昭和48年6月、佐呂間農協と若佐農協は長期展望を以って合併、新しく佐呂間町農協がスタートしました。

農協としては、寒地農業の確立のため、土地基盤整備に力を入れ各種土地改良事業を導入し、酪農、畑作複合経営を進めてきました。この間酪農では第三次酪近事業の導入(52年)、畑作ではてん菜の奨励と大規模麦作施設の建設(52~55年)により麦類の奨励を進めて参りましたが、主産物でもあった水田の転作が始まったことから、佐呂問の気象条件に合わせ、特産物としての南瓜栽培も取り入れ青果販売の他、付加価値を高めるために南瓜選別工場と南瓜パウダー加工場建設(59年)、平成4~6年には肉牛肥育施設の建設に踏み切り、平成10年からは農作業受委託(コントラクター)事業に取り組み、平成18年度においては、組合員の労力軽減のために、乳牛哺育育成センターを開設し、組合員の経営安定と、生活向上を図るためにたゆまぬ努力と研鑽に努めています。


 私達は、佐呂間町の基幹産業である農業の発展のために、あらゆる模索・研究・努力を重ねてきました。広大な大地を活かしての町営牧場の造成、乳業多頭化飼育による豊かな酪農郷の建設など、近代的農業で生産性を高めるために必要な施設の設立や運営、その他農業環境の整備には特に力を注いでいます。




JAサロマ本所


麦作施設
    


ビート育苗施設


乳牛哺育育成センターとホクレン家畜市場
  

南瓜選別加工工場
    

野菜予冷庫

  

TMRセンター

  

  

組織、部会

【組織概要】

 組織名称 : 佐呂間町農業協同組合

 代表者名 : 代表理事組合長  鈴 鹿  保

 所 在 地  : 〒093-0593 北海道常呂郡佐呂間町字永代町57番地

 電話番号 : 01587-2-3341(代表)

 組合員数 : 正組合員170名 准組合員数963名 (平成29年1月31日時点)

 

【機構図】

 

 

 

 

【部会】

                                         
 ●麦作部会   てん菜部会  南瓜部会   そ菜部会

 ●しそ部会          酪農部会   養豚部会   肉牛部会

 

 【協力組織】

 ●JAサロマ青年部  JAサロマ女性部  乳牛改良同志会


 ●ジュニアホルスタインクラブ   乳質改善協議会

リンク

所在地・連絡先

〒093-0593
北海道常呂郡佐呂間町字永代町57番地
  佐呂間町農業協同組合
   TEL:01587-2-3341
   FAX:01587-2-1018