~大豆の播種と南瓜の定植作業が行われました~

  • 印刷用画面
  • 2018年6月 7日(木) 16:43 JST
  • 投稿者:
    管理課

5月の下旬から大豆の播種作業と、南瓜の定植作業が行われています。  今年の佐呂間町では、大豆の作付面積120ヘクタール、南瓜の作付面積80ヘクタールを予定しており、6月とは思えない初夏の陽気にも恵まれて、作業は順調に進みました。 大豆は6月上旬に播種が終了しています。南瓜は、6月中旬に終了する見込みです。 豊作の秋に向けて順調な生育が期待されます。

 

 

 

 

 

青年部メッセージ看板づくり

  • 印刷用画面
  • 2018年3月 2日(金) 21:06 JST
  • 投稿者:
    管理課

~集めよう!農業の担い手たち~    青年部では広報活動として、毎年農業青年ならではの思いを込めてメッセージ看板づくりを行っています。 今年は、1月31日から3日間、旧武士出張所跡にメッセージ看板と巨大雪だるまを作成しました。  連日、気温が低く雪がサラサラで形を整えるのに苦労しましたが、部員それぞれが毎日の仕事で扱うスコップや、タイヤショベルを慣れた動作で使いこなし、みるみる大きな雪だるまが完成しました。 「農業やろう!!」のメッセージ看板を添えて、農業の担い手が佐呂間町へ訪れていただけるように、そして、道行く人々が北海道農業の550万人のサポーターに繋がるようにと願いを込めました。 寒い中メッセージ看板、雪像づくりを行った青年部の皆さん、本当にお疲れ様でした。

 

 

 

営農計画協議

  • 印刷用画面
  • 2018年2月17日(土) 11:56 JST
  • 投稿者:
    管理課

1月24日~ 26日、新たな年のスタートとなる営農計画協議が各地区で実施されました。  昨年は、春の蒔き付けは順調でしたが、6月の低温による農作物の減収や台風によるデントコーンの倒伏など、天候による被害を受けた一年となりました。 また農政面においても、依然として多くの不安定な要因があり、農業経営には厳しい状況が続いています。  本年もそれらの情勢を踏まえ、安定した経営を目指すため、担当職員と今年の収支を検討し、営農計画を立てていました。

 

11月の農作業 ~いよいよ冬がやってきます

  • 印刷用画面
  • 2017年12月 5日(火) 14:27 JST
  • 投稿者:
    管理課

日々寒さが厳しくなってきました。 今年の甜菜は、春先の天候にも恵まれて、順調に播種・定植作業が行われました。10月下旬より収穫が始まり、出荷については11月下旬から開始され、12月中旬の終了を目処に順次輸送されます。  10月30日、11月2日、町営牧場の退牧が行われました。  パドックに集められた牛たちの番号を確認後、家畜車で輸送され、約5か月ぶりに各酪農家のもとに戻りました。  放牧されていた牛たちの中には、鍛えた足腰をいかんなく発揮し、家畜車になかなか乗ろうとしない牛もいました。丈夫に大きく育った牛たちが、各酪農家のもとに帰り、良質でたくさんの生乳を生産されることが期待されます。

 

 

 

 

女性部 食育活動 ~親子で作る料理体験~

  • 印刷用画面
  • 2017年12月 5日(火) 14:25 JST
  • 投稿者:
    管理課

11月5日、佐呂間町民センターで、JAサロマ女性部主催による食育活動を開催しました。  この活動は、食育活動の一環として、食と命の大切さを地域に伝えるため、毎年女性部が取組んでおります。今年は親子8組(20名)が参加しました。  体験の内容は、南瓜団子、いも団子、そうめん南瓜作りです。参加した子供達は、蒸した南瓜とゆでたジャガイモをこねて生地を作り、型抜きでハートや星の形の団子を仕上げ、お汁粉等に入れて味わいました。   試食時には、女性部員が講師となり、料理に使った南瓜が南瓜工場で、パウダーになるまでの工程を説明した後、クイズを出題。参加した子供達は真剣に答えていました。参加者の笑顔に、指導に当たった8名の女性部員も食育活動の大切さを実感し、充実した活動となりました。

 

リンク

所在地・連絡先

〒093-0593
北海道常呂郡佐呂間町字永代町57番地
  佐呂間町農業協同組合
   TEL:01587-2-3341
   FAX:01587-2-1018