3月の農作業

 3月を迎え、今年も農作業が始まりました。

  移植用ビートの播種作業が、3月5日より始まり、277ha(うちJAビートプラント約100ha)の播種が行われます。播種後は、耕作者やJA育苗センターのハウスで定植まで約50日間大切に育てられます。

 また、融雪剤散布作業も随時行われ、春作業への準備が進められています。昨年は天候不良に悩まされましたが、今年は順調な生育と、良質な作物の収穫が迎えられることを願います。

JAサロマWebSite: 3月の農作業
http://ja-saroma.or.jp/article.php?story=20130802124536556